観光案内

観光コース

くまモン|ひごまる
おいでなはりまっせ、熊本へ!

熊本市街・阿蘇エリアへの両アクセスに便利な当ホテルならではの観光コースの一例をご紹介します。
観光に疲れてホテルに戻られても、天然温泉と元気の出るご夕食を用意してお待ちしています!
※移動時間や滞在時間はあくまで目安です。交通状況等によって変わりますのでご了承ください。

熊本駅・空港 レンタカーのご案内

熊本エリア
  • コース01
  • コース02
  • コース03
  • コース04
阿蘇エリア
  • コース05
  • コース06
  • コース07
  • コース08
宮崎エリア
  • コース09

アイコンの説明

阿蘇一の宮~ノスタルジックな水基巡り 5時間コース

ファミリーカップルシニア

ホテルを出発

車で80分

一の宮町中央駐車場へ到着駐車場80台完備(周辺にもいくつかP有)

水基

check
まず駐車場近くのインフォメーションセンターで『門前町水基巡りマップ』をGet!20ヵ所ある水基を巡りながら観光スポットも巡ります。
※水基(みずき)とは…水が出るもと・水飲み場のこと

くまモン

徒歩

阿蘇神社滞在時間の目安/約30分

阿蘇神社

check

くまモン

紀元前281年創建と言われ、日本全国に約450社ある「阿蘇神社」の総本社。全国でも珍しい“横参道”の方式が取られており、高さ21mもの大きな楼門は日本三大楼門 の一つ。また敷地内には縁結びの松・願掛け石・魔よけの竜・せのび石があります。

参考HPはこちら
徒歩

水基巡り&門前町商店街を散策滞在時間の目安/約120分

竹沢の雫

check

くまモン

商店街には20ヶ所の水基があり、様々な水を飲み比べできます。隣接するお店にちなんだ面白いネーミングも要チェック!例えば「みやがわ時計店」には“竹沢(ちくたく)の雫”、「肥後銀行・宮地支店」には“金脈の泉”、「リカーショップいで」には“酒杜の水”等など…。

参考HPはこちら
徒歩

水基巡り~散策中の愉しみ~

馬ロッケ・田舎いなり

とり宮の公式HPはこちら はなびしの公式HPはこちら

check
水基“欣命水”の隣りにある創業昭和30年の「とり宮」では一の宮名物“馬(ば)ロッケ(1個150円)”をつまみ食い。ご昼食には「はなびし」のジャンボサイズ“田舎いなり”がおすすめ。

くまモン

徒歩で5分

門前前商店街~女学校跡~

阿蘇水基屋敷

check

くまモン

門前町商店街から北鳥居を抜けて歩くこと5分。“幸の泉”と“下町の水”の間に、昭和初期に建てられたノスタルジーな雰囲気の『女学校跡』があり、古い洋裁校舎や校長宿舎跡を利用して作られたおしゃれなお店達が佇んでいます。


女学校跡エリア

わき水の宿 阿蘇水基屋敷

校長先生の宿舎を改装した店内では、龍命泉や囲炉裏を眺めながら滞在できます。

阿蘇古美術 古和(こわ)
阿蘇古美術/古和

check

女学校跡のオーナーが趣味の古美術を並べたお店です。


参考HPはこちら
雑貨屋「robin(ロビン)」
雑貨屋ロビン

check

インポート雑貨や上質なリネンの手作りアクセサリーを取りそろえたお店です。


公式ブログはこちら
Tien Tien(ティアン ティアン)
TianTian

check

フランスで買い付けてきたアンティークが並び、定期的にフラワーアレンジ教室も行っています。

公式ブログはこちら
かんざらしのお店 結(ゆい)
かんざしのお店/結

check

湧水地に自生するクレソンを練りこんだ、冷たい白玉デザート「かんざらし」が味わえます。

参考HPはこちら
古道具屋「etu(エツ)」
古道具屋etu

check

昭和12年に建てられた校舎を当時のまま利用してどこか懐かしい古道具を販売、湧水コーヒーやケーキも味わえます。

参考HPはこちら
アトリエ樹
アトリエ樹

check

刻字家・樹葵さんのギャラリー。日々の中に根ざす言葉をノミや刃物で木に表現した刻字の作品等を展示しています。

参考HPはこちら

※各店共通の定休日は水曜日。その他の定休日がお店によって異なりますのでご注意ください。

徒歩

一の宮駐車場へ到着

車で80分

もしお時間があれば是非!

古閑の滝

check

一の宮より片道約40分の場所にある『古閑の滝』は阿蘇五岳を取り囲む外輪山から落ちる夫婦滝。酷寒期には氷瀑がかかり、氷の芸術品を見ることができます。


参考HPはこちら

ホテル到着

アクセス

熊本アクセスマップ
スタッフおすすめの観光スポット 目的に合わせた観光コース
レンタカーのご案内

携帯にURL送る

http://kikunan-ublhotel.jp/m/

Wedding hill

このページのTOPへ